沿革

株式会社福島製作所の歴史をご紹介します。

1937年(昭和12年)頃の福島製作所
1937年(昭和12年)頃の福島製作所
1961年(昭和36年)頃の油機工場
1961年(昭和36年)頃の油機工場

(注)社名については、当時のものとなっております。

1920年
株式会社福島製作所 創業
1953年
現株式会社福島製作所 設立
1955年
コンバル型精紡機試作品完成
1956年
船舶用補機の生産に着手
1957年
コンバル型精紡機製造開始
1959年
ヒドロリック社との油圧甲板機械技術提携
1960年
電動油圧式甲板機械の製作開始
1964年
油圧式デッキクレーン製造開始
1965年
福島ヒドロリック型電動油圧式デッキクレーン公開運転
1967年
べノト社との電動油圧グラブ技術提携
1969年
コックス社との蒸気駆動甲板機械技術提携
1971年
ヒューストンバージライン社とトーイング/アンカーハンドリングウィンチ開発に着手
1976年
油圧式ツインクレーンの製作販売開始
1979年
宇部興産株式会社との資本提携
1984年
鋳造工場に高周波炉新設
1989年
木材荷役用エンジングラブバケット製作販売
1995年
タンカー用非常曳航装置を製作販売開始
1997年
lSO9001認証取得
都市ゴミ用小型グラブバケット製作販売開始
1998年
ISO14001認証取得
2000年
OHSAS18001認証取得
2006年
トーイング/アンカーハンドリングウィンチ生産再開
2008年
うつくしまものづくり大賞受賞(省エネグラブバケット)
2010年
創業90周年
2014年
索式グラブバケット販売開始
2017年
グラブバケット生産台数3,000台達成

お問い合わせ